ヘナ 使わない方が良い タイミング

ヘナを使わない方が良いタイミング

ヘナを使わない方が良いタイミングについて

まず、染める時は充分に時間をとる事が大切です。

 

忘れてはならないのが『染めた後』のことです。

 

お勤めの方、学生さんなどがヘナを使う際は

ヘナを使わない方が良いタイミング

連休の初日などを選んだほうが良いでしょう。(地肌も染まるので、染めた翌日、翌々日は人に気づかれる事があります。)

 

 

デートの前

ヘナを使わない方が良いタイミング

 

ヘナの匂いは独特で匂いも結構強いので、相手に白髪染めをしているのがバレたくない場合はデートの前日〜3日前はヘナを使った髪染めは避けた方が良いでしょう。

 

 

夏の暑い日は

ヘナを使わない方が良いタイミング

染めた後数日は、オレンジ(ヘナの色)の汗をかく事があります。白いYシャツのえり、白い服に色がつく事があるので、注意が必要です。どうしても白い服を着る必要のある方は、夏場のヘナは避けた方が良いかもしれません。

 

 

上記以外に、次の点にもご注意願います。

 

妊娠中や病気療養中の方

事前に医師にご相談下さい。頭皮に傷がある場合は、ご使用を避けて下さい。

 

生理中

ヘナは身体を冷やす作用があるので、生理中のご使用はおすすめしません。

 

ヘナの後のパーマ

ヘナの後は、パーマがかかりにくくなります。ヘナによりパーマ液が髪に浸透しにくくなるためです。

 

パーマの後にヘナで染めるのは髪のダメージの回復効果が期待できますが、残留している化学染料などにより、着色しづらくなる事もあります。

 

 

天然成分ヘナでも、かぶれる事はあります。
事前のパッチテストを行い、かぶれが出た時はすぐに使用を中止してください。

ヘナに関して「もっと詳しく知りたい方」はこちらから