ブラックヘナ ブラウンヘナ ダークブラウン

ヘナを選ぶ際の注意点|ブラックヘナ、ブラウンヘナは安全?

ヘナを選ぶときの注意点

ヘナを選ぶ際・使用する際は以下の2点に注意してください。

 

ヘナを選ぶ際の注意点|ブラックヘナ、ブラウンヘナは安全?

@ 「ブラックヘナ」「ダークブラウンヘナ」と書かれている商品はチェックが必要

 

 

強い毒性を持つ化学染料を含む商品がほとんどで、安全ではありません。

 

白髪がヘナでオレンジ色に染まるのが嫌で、ブラックやダークブラウンのヘナを選ぶ方がいますが、白髪染めやヘアカラーに含まれている強い毒性を持つ化学染料「ジアミン」を含む商品が多々見受けられます。

 

でも、白髪をオレンジ色に染めたくない!という方は・・・

同じく植物染料の「インディゴ」(木藍)を使うと暗めの色に染められます。

 

ただし、暗めの色に染められる「インディゴ」はアレルギーを起こす事があります。

 

インディゴ(木藍)は染色力が弱く、また色落ちしやすい染料です。

 

インディゴ(木藍)植物アレルギーを起こしやすい「強い」染料です。またインディゴは、それ自体で白髪を染めるのではなくヘナで染めた髪に着色します。一度ヘナで染めた後インディゴで染め直した方が、混ぜて使用するよりもしっかり染まります。また、色落ちしやすいのでインディゴ(木藍)は1〜2週間に1度位の割合で染め直す必要があります。

 

 

 

ヘナを選ぶ際の注意点|ブラックヘナ、ブラウンヘナは安全?

A短時間(15分・20分など)で染められるヘナは避ける

 

 

「染める時間の短さ」を売りにした商品は、強い毒性を持つ「ジアミン染料」が含まれています。

 

市販で売られているブラック、ダークブラウンに染まるヘナ、短時間に染まるヘナは、化学染料が含まれている事がほとんどなので、髪や頭皮を痛めます。

 

オレンジ色に染まる、時間がかかる・・・などの欠点がありますが、髪を健康的に染めたいのであれば、必ず100%のヘナを選ばれる事をおすすめします!

 

天然100%のヘナを白髪染めとして使う『タイミング』で注意したい事

ヘナを選ぶ際の注意点|ブラックヘナ、ブラウンヘナは安全?

*ヘナをペーストの状態で3時間程寝かせその後、頭には2〜4時間以上塗る必要があるので、時間の余裕がある時に。
*夏は染めた後の2、3日はオレンジ色の汗が出るので白い服を着ない方が良いです。
*染めた後は匂いが残るので、デートは染めた翌日、翌々日は控えて。
*お勤めの方は、連休前のヘナ染めがおすすめです。

 

ヘナを毛染めに使うのは・・・
染めた翌日・翌々日に『人に会う用事が無い時』に。

 

オレンジ色に染まるヘナですが、色落ちはしないので白髪の多くない方、髪の内側のみ白髪のある方に向いています。

 

人気の100%ヘナ

各メーカーから様々なヘナが出ていますが、購入しやすくお値段が手頃のものだとナイアードヘナが有名で人気です。

 

「ヘナ染めは時間がかかる」「白髪がオレンジに染まってしまう」「長い間使用する事で髪がパサつく事もある」などヘナにも欠点はありますが、まずはヘナ染めを試したい方がお手頃価格で試せる商品です。

 

お時間がたっぷりとある時に試してみると良いと思います。

なお、『髪に艶が欲しい』『自然な髪色に染めたい』『短時間で染めたい』方に人気のお風呂で10分で染められる白髪染めもあります。

 

  • 働いているので、ヘナで染毛する時間がもったいない
  • 髪がパサつくのは嫌だ
  • 白髪が赤色、オレンジ色に染まるのは嫌だ
  • ヘナの臭いがきつくて人にばれるのが嫌だ

こういった方には、ヘナ染めの不満を解消したこちらの染料をチェックしてみると良いですよ。とても売れている商品です。

 

ヘナのおすすめする点、おすすめしない点をまとめた記事もありますので、
よかったらこちらも参考にしてください。
関連記事:ヘナをおすすめする点、おすすめしない点、ヘナトラブルなどについて→